不動産の取引と長期滞在のマンスリーマンションを検討する

売却を検討する

今さら聞けない不動産売却について

自己所有の不動産を売却する場合は、どうしたら高く売れるでしょうか。例えば、自己所有のマンションを所有している人が引越しをする時に、そのマンションの部屋を売却したいとします。この場合、不動産会社に売却を頼みます。ただ、その不動産を高く売却するのはそれほど容易ではありません。 これは買主の立場に立てばわかりますが、買主が見ている不動産情報はなにも売主が提供しているマンションだけではないからです。 買主は自分が住みたいと思う理想の不動産をじっくりと探すことが多いのです。これに対して売主は何とかメリットを提示して高値で売りたいと思うかもしれませんが、それを選ぶのは買主であり、力関係は買主の方が上なのです。

広告に表示されている価格について

よく家のポストに不動産会社が出したと思われる広告が入っていることがあります。広告にもいろいろな種類がありますが、中古不動産の広告を見たことがある人も多いのではないでしょうか。 もし、そこに自分の住んでいるマンションが売られていた場合、そのマンションの売却価格は自分が売るマンションの売却に設定して売れるでしょうか。 これに関してはなんともいえません。なぜなら、その広告に提示されているマンションの価格は、実際に売れた価格ではないからです。 もし、その広告で初めてそのマンションの売却の情報が表れた場合であれば、もしかしたらその売却価格で問題ないでしょう。 ところが、半年か1年近くそのマンションがその価格のままで売られていたとしたら、売れる可能性は低いと言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加