不動産の取引と長期滞在のマンスリーマンションを検討する

House for indevidule

月単位で利用

マンスリーマンションという存在に着目すれば、月単位で利用したいと考えている宿泊者に対しては様々なアドバンテージが生まれるという特徴があります。そこで、金額を踏まえて知っておくことで、利便性が見えるようになります。

☞詳しく!

売却を検討する

不動産を取引できる業者の力を借りれば、売却を検討するときにも有用です。自分の部屋を売りたいと思ったときに、すぐに売れるわけではないという特性があるため、まずは学んでから検討するのが重要です。

☞詳しく!

様々なサービス

長期滞在においては、家を借りるというわけにもいかず、高いホテルを確保するわけにもいかず、拠点の確保に苦労することは少なくありません。そこで、様々なサービスを活用して対応するという手法が採用できるといえます。

☞詳しく!

問題のリスクは無問題

任意売却の相談を受けつけているのがこちらです。経済状況が変わって住宅ローンの支払いが難しくなったら相談しましょう。

瑕疵担保責任は売主に負担してもらうこと

不動産の取引はほとんどの人にとって一生に一度あるかないかではないでしょうか。不動産は他の商品とは異なって、金額が極端に大きいため、大きなトラブルになることもあります。ここでは、みなさんが不動産取引を行うにあたって注意すべきことを述べてみたいと思います。 売買契約書をまずは、作成するようにしましょう。仮に親しい人との間で取引する場合であっても、売買契約書を締結することは必須です。契約書は、万一トラブルになった場合の拠り所になります。では、契約書の作成にあたって注意すべきことはなんでしょうか。 もし、あなたが買主である場合には、必ず瑕疵担保責任を一定期間売主に負担してもらうようにしてください。瑕疵とは何かについて、以下説明します。

瑕疵担保責任の取り決めは自由にできます

瑕疵とは、「欠陥」のことをいいます。中古住宅の取引などでは、買主が引き渡しを受けた後にシロアリに屋根裏を食い荒らされたりといったトラブルが発生することがあります。修繕費用が場合によっては、数百万円に及ぶこともありますので、この修繕費用を誰が負担するのか明確に規定しておく必要があるのです。 もし、売買契約書の条項の中で、「売主は、瑕疵担保責任を一切負担しないものとし、買主はこれを了承するものとします」とあれば、今回の修繕費用は全額を買主自身で負担しなければならないわけです。したがって、引き渡しから2年間程度は売主が瑕疵担保責任を負担するというように取り決めておくことが中古の不動産であるほど必要ということになります。

  • 新居購入のために西宮市で不動産会社をお探しならコチラでランキング形式で紹介されてますよ!おすすめのポイントもよく分かります!
このエントリーをはてなブックマークに追加